求人を探す際に英語が必要とされるお仕事とは?

どんなお仕事だと英語力が必要となってくるのか?求人を探す際にチェックしてみましょう! - 求人を探す際に英語が必要とされるお仕事とは?

求人を探す際に英語が必要とされるお仕事とは?

thsrthsrs就職や転職の求人を探すとき、自分が得意な英語を活かせるお仕事に就くことができれば、きっと満足のいく社会人生活を送ることができるのではないでしょうか。
実際に英語を使う仕事にどんな仕事があるのか知りたいという方は多いと思います。
現代の日本では、外国人の来日者数が過去最高を記録するなど、首都圏をはじめ地方の観光地、また日本の文化を体験するためにある神社の修行に来る外国人もいるほど、いま日本には多くの外国人に注目されています。
そんな日本では、来日された外国人の為にホテルや駅などで働く高齢の方も英語の勉強を始めるほど、英語の必要性が高まっております。

日本の英語の歴史

日本で英語教育が開始されたのは、明治維新までさかのぼります。
黒船が来航し、1854年に日米和親条約が締結されると、日本に200年以上続いた鎖国が解かれ、それと同時に西洋文化が日本に伝来し始めました。
日本は西洋に倣った近代的な教育制度を取り入れ、この時に外国語としての英語教育が開始されました。
しかし、戦前、戦時中は敵性語として排斥されてしまい一切の英語は禁止されすべて日本語の死余殃を強要されました。
第二次世界大戦後にようやく中学校や高校で英語教育が再開され、2013年には明治維新以降初めて小学校での英語教育の必修化がなされました。

英語の必要性

日本だけでなく世界で必要とされる言語、それが英語です。
英語を母国語としている国は、イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどがあります。その他の国・地域でも英語は世界の公用語となりつつあり、英語を公用語・準公用語とする国は54カ国あり世界には21億人いると言われております。
しかし日本は、アジアの中でも英語教育が遅れており問題視されているのが現状ですが、これから近い未来日常生活に英語が飛び交う日常が待っているかもしれません。

さまざまな検定試験

英語にかかわる仕事に就くためには、英語力がどれくらいあるのかその指標を示さなくてはなりません。誰もが聞いたことがある英検やTOEIC、TOEFLなどがありますが、それぞれどのような特性を持っているのでしょうか。
英検は、中学生や高校生の時に1度は受験したことがあると思います。
文部科学省が後援する日本国内の試験で、最も有名な英語試験と言えるでしょう。優しい順に5級、4級、3級、準2級、2級、準1級、1級のクラスに分かれており、全級で実施される一次試験(語彙・熟語、文法・語法、読解、作文、リスニング)と三級以上に実施される二次試験(面接形式のスピーキング試験)から成ります。
一方TOEICは最近の日本でも経済のグローバリゼーションにより社員の評価をTOEICで行う企業が多く出てきています。
テストはリスニング100問とリーディング100問の2部構成で計200問あります。世界150カ国で実施されており、その多さから日本企業の多くがTOEICを英語力の基準として扱っています。英検のような合否ではなく、最低10点から990点までのスコアで評価されます。日常英会話、基礎英会話はもちろんビジネス用語もたくさん出題されます。
またアメリカの組織が作った試験らしく、直感的な要素が求められる試験でもあり、他の試験と比べてスピードが求められるというのも特徴の一つです。
このほかTOEFLや外務省後援の国連英検など団体の違いや試験の方法の特異性がありますが数多くの英語能力試験があり企業によって求められる能力ごとにその試験も異なります。
外資系求人・英語を使う転職・就職なら≪キャリアクロス≫ – グローバル求人多数
■https://www.careercross.com/