求人を探す際に英語が必要とされるお仕事とは?

どんなお仕事だと英語力が必要となってくるのか?求人を探す際にチェックしてみましょう! - 正社員として英語の仕事をする。

正社員として英語の仕事をする。

英語を日常的に使用する企業は日本国内にも多くあります。
殆どの外資系企業は当たり前のように、国内メーカーや総合商社の海外事業部や現地駐在員なども公用語を英語としていて高いスキルを要求されます。
故に、国を跨いだ大きな仕事も多く、BtoB、BtoCにおける輸出入ビジネスや海外でのインフラ工事やプラント工事といった非常に大きなプロジェクトの仕事が多くあります。
また、グローバル化により人材も様々です。大手企業だけでなく中小企業でさえもITや製造の技術的なスキルが必要とされる求人では中国籍やインド国籍の人材を積極的に取り入れている企業が増えてきており、英語だけでなく中国語、ヒンディー語などが飛び交う職場もあります。
英語を母国語とする国はいくつかありますが、その中でアメリカ英語とイギリス英語に分けられるケースがあります。NASAやマイクロソフトなど技術立国として知られるアメリカですが、テクノロジーやサイエンス分野の専門的な技術情報にアメリカ英語が使用されることが多く有利と言えます。
イギリス英語は国際会議などで使用されることが多く、よりフォーマルと言われております。
どちらが正しくてどちらが間違っているという事はなく、お互いに影響を与えった変化していった言葉なので自分に合った英語を使うことをお勧めします。

専門性のあるお仕事

専門性が高い職業の場合にはネイティブ並みの英語力が必要とされますが、すべて英語を必要とする企業がそうかというとそうではありません。企業によっては英語力を向上させるため、社内に講師を呼んで英会話のグループレッスンを受けられる講座があったり、AEONなどに代表される英会話教室のレッスンを会社負担で受講出来たりと企業側が支援してくれる福利厚生もあります。そういったものも活用してみると安心かもしれませんね。

関連する記事