求人を探す際に英語が必要とされるお仕事とは?

どんなお仕事だと英語力が必要となってくるのか?求人を探す際にチェックしてみましょう! - 未経験だけど英語を仕事にしたい。

未経験だけど英語を仕事にしたい。

英語力にそれほど自信がない人や、英語の仕事が未経験な人でも志さえあればいずれ英語力を上達させ世界を渡り歩く立派な社会人になることはできます。
とは言え、英語を仕事にするにはまず英語を上達させなくてはなりません。ネイティブに英語が話せる人は除いて、日本人でも、中国人でもドイツ人でもみんな初めから英語が話せたわけではありません。ですから、みんな学校教育であったり、人によっては独学であったりコツコツと勉強をして英検1級を取得したり、TOEICを900点取ったり、いづれにしても英語を勉強してやっと英語を話すことができるようになりました。
勉強して英語を話したいという気持ちさえあれば習得できることは間違いないのです。
正社員が希望であっても、初めは契約社員として働きながら英語を勉強し、上達したら正社員へステップアップしていくプランも考えておくとよいでしょう。

英語に不安があっても

自分の英語力に不安があれば、TOEICの点数を十分に上げてからでもいいですし、自分の経験したことがある業界や業種で外資系企業の仕事を探すというのも良いかと思います。
また、企業によっては、会社の福利厚生として英会力アップの口座を用意している」ところもあります。例えば、英会話スクールに通う費用をその会社の福利厚生費として経費で賄ってもらえたり、定時終業後に外部の英会話講師を招き、グループによる英会話レッスンを受講出来たり、形はいろいろですが英語力アップのチャンスはいろいろあります。
企業に勤めるには英語以外のスキルも重要になります。逆を言えば、それほど英語ができなくても英語以外のスキルや人脈などでその潜在的価値を評価して採用してくれる企業もあるので、あきらめずに自分を売り込んでいくことが大事です。

関連する記事